DDD MAGAZINE 2005年9月創刊号

クリックで拡大

「ダンスを通じて、より健康的で豊かな生活を送ってほしい」そんな願いを込めて2005年9月に創刊したDDDは、おかげさまで10年目を迎えることができました。

DDDは単なるブームではなく真のカルチャーとしてのダンスを提案します 。

DDDは“もっと多くの人にダンスのある生活を”ということをテーマに、コンセプトとして、ダンスとファッション・音楽・アート・スポーツ・エンターテインメントと言った5つのカルチャーを結びつけ密接に相関関係を持ちながら発展させることにより、そこから単なるブームではなく真のカルチャーとしてのダンスを提案してきました。

全国のフィットネスクラブ等で人気のプログラムとなっているBAILA BAILAをはじめとする各種ダンスエクササイズプログラムの開発事業の他、東京・青山にある自社ホール「DDD青山クロスシアター」において国内外の一流のダンサーたちが集結する「SEKAI」やフィットネスインストラクターがキャストとして演じるという史上初の試みである「BAILA BAILAミュージカル」等に代表される数々の公演事業も行っています。

広い意味でのダンスのすすめ。ダンスは特別なものではありません。「観て」「踊って」感性を磨く―自身の心の豊かさを追求すること。

“ダンスをする”ということは、音楽を聞きながら動くこと。リズムを感じながら走ることも広い意味でダンスと言えるのではないでしょうか。ダンスは特別な人だけのものではなく、性別年齢を問わず誰にでも簡単に始められ、楽しむことができるものです。
一流のダンサーのダンスを観ることも「心の豊かさ=心の健康」につながると考えます。
ダンスには私たちの生活を豊かにするヒントや可能性がたくさん秘められているのです。

DDDは、ただ健康という観点からだけではなく、現代のストレスの多い社会で私たち大人が忘れていたものを取り戻して欲しい、自分を磨き高めることで、自分自身の心の豊かさを追求し充実感溢れる毎日を、今日の自分より明日の自分が輝く毎日を過ごしていただきたいと願っています。
これからも様々な角度からダンスの可能性を追求し、より多くの皆様に健康かつ心豊かなライフスタイルをご提案し続けていきます。これからも進化し続けるDDDにご期待ください!